本セミナーの目的は、自然の法則を理解し、その法則をもとに最も機能的かつ効果的に動くことのできる身体へと導いてくれる「正しい姿勢と立ち方」を学んでいただくことです。

そのアプローチとして、クラシックバレエの理論とテクニックを用います。

動きやパフォーマンスの細部にこだわるダンサーの繊細な身体コントロールはどのように生み出され、またトレーニングされているのか。理論の解説を行いながら、身体の強度・柔軟性・可動性・統率力・ボディイメージを磨く体験をしてもらおうと思っています。

アスリートに必要な身体の基礎の一つに「正しい姿勢を理解していること・体得していること」があると私は考えています。ほとんどのトップアスリートは意識的にも無意識的にもその基礎をもとにして高度なテクニックを積み上げています。今回そのことに大きく共感してくださったスポーツトレーナー奥村正樹さんとタッグを組み、スポーツの世界にバレエを紹介し、身体コントロールを模索しているアスリートの方々へバレエというツールを通して身体本来の持つ機能を発揮できる姿勢を知り、新しい自分を発見していただきたいと思っています。

 

「バレエから学ぶ、アスリートに必要な姿勢づくりと立ち方」

~アスリート向け~

 

■企画・主催  西園美彌

■講師     奥村正樹 西園美彌

■開催地    石井みどり・折田克子舞踊研究所 (東京都新宿区西落合4-17-12/西武池袋線東長崎駅または大江戸線落合南長崎駅から徒歩10分)

■日時     2019年2月24日(日)11~15時

■内容

  • 正しい姿勢・立ち方の解説
  • バレエの理論、立ち方や姿勢の積み上げ方、身体感覚や意識の紹介
  • バレエの立ち方講座、西園によるデモンストレーション
  • バレエエクササイズ・トレーニングを体験 かつより精度を上げた正しい姿勢と立ち方の獲得を目指す
  • 各競技への応用・個別アドバイス

 

■服装と持ち物   動きやすい服装、靴下

■定員       15名(先着順)

■料金       12000円

 

■お申し込み方法

申し込みアドレスに以下の内容を記載してメールを送ってください。

endless.journey.of.athletes @ gmail.com

3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度お問い合わせください。

 

件名:

希望講座(例 第一部希望、全講座希望)

 

内容:

1.お名前(ふりがな)

2.専門種目

3.選手/トレーナー等略歴

4.当日連絡がつく電話番号

5.期待している内容、知りたいこと、抱えている悩み等あれば

 

■支払い方法

当日精算

定員に達していた場合、当日のキャンセルはキャンセル料をいただきます。

 

※お問い合わせ、質問等も上記のアドレスまでお寄せください。

 

 

【お申し込み日時】

2月4日(月)12時~

※定員になり次第締め切りとなります。

 

 

~講師プロフィール~

 

奥村正樹(スポーツトレーナー)

 

専門学校を卒業後に整形外科と整骨院にて約5年間勤務し、スポーツ選手のコンディショニング、怪我予防プログラムの作成、応急処置業務、治療と運動療法の処方、と幅広く経験し、外相処置及び治療のイロハを学ぶ。

その後、元より海外に興味があったことから24歳で語学もできない、知り合いもいない状況で「きっと将来に繋がる!」と信じ単身イングランドへ渡英。

語学の習得を行う傍、トレーナーとしてサッカーチームへ飛び込みで自身の売り込みを行う。

そこで得た人との縁と、勝ち得た信頼でPhysioとしてチームとの契約に至る。

チームとしての活動以外にも個人として現地で多数のプロサッカー選手のケアやコンディショニング調整等を経験。

2017年にはタイのサッカーチームからのオファーを受け、イギリスからタイへ。

2018年は日本国内でフリーランスとして活動し、プロを目指す大学生からプロサッカー選手まで幅広く依頼を受け活動中。

 

 

 

西園美彌(舞踊家・ダンサー)

 

7歳よりクラシックバレエを始め、石田絵里子に師事。筑波大学ダンス部にて現代舞踊(モダン)、コンテンポラリーダンスと出会う。同大学および大学院スポーツバイオメカニクス研究室にてクラシックバレエダンサーを対象にした動作分析の研究を行う。同大学大学院体育研究科修了。現在、フリーのダンサーとして舞台活動・創作活動の場を広げる傍ら、指導の対象は幼児からお年寄りまで幅広く、ダンサーおよび新体操選手に向けてクラシックバレエの指導、バレエダンサーへのコンテンポラリーダンス指導、振付、ボディワーク等を行っている。

ダンスの魅力、ダンサーとしての生き方をより多くの人に知ってもらうことを目指し、動く身体・感じる身体・表現する身体の素晴らしさを体言し伝える活動やクラスを展開している。

2015年冨田勲追悼特別公演「Dr.コッペリウス」にて辻本知彦振付によるトゥシューズを履いて踊る初音ミクのモーションキャプチャ―ダンサーを担当(2015年11月オーチャードホール・NHK放映)。2017年より筑波大学ダンス部バレエコーチを担当。2018年より帝京大学水泳部の指導を皮切りにアスリート指導を始め、指導対象を広げ、スポーツ競技者への姿勢づくり・動作改善指導を本格的に始める。

 

 

 

お問い合わせはコチラ